理念実現パートナー
税理士井上由希子です。

社員全員で行動指針(バリュー)を策定

約9時間かけて
全従業員で、理念(クレドカード)の
作成をしました。
(パートさんも含む5名で作成)

忙しい時期だったのですが、
みんな前向きに取り組んでくれた
ことがうれしいかぎりです。

今日は
その風景を一部お伝えします。

バリューすなわち久米会計の
行動指針を全員の言葉で
文章化していく作業をしました。

「何それ?」ですよね(^^)
少し長文ですが、
内容をご確認ください。

まずは
全従業員に事前に研修をし、
自分自身が
『大切にしてることや想い』を
言語化
してもらいました。

その中の一例をご紹介します

従業員さんの想いを
代表と文章化した案

【スピード対応】
お客様に寄り添い、私たちが
すばやく行動することで、
未来に繫がるアイデアを形にし、
ワクワク行動してもらいます。

この文章の意図は、

月次決算の作成や質問の回答など
我々がすばやく返答することで、
社長も早く意思決定ができ、
未来のビジョンへの実現が早まり、
お客様の理想の経営のサポートができる。

このテーマで、グループごとに
1人1人が意見を出し合い
『ディスカッション』します

『お客様へ寄り添って、
すばやく行動するの
意味がわからない』とか

『こちらがすばやく行動したら、
なぜお客様の未来に繋がるのか?』

などなど

意見を出しながら、

スピード対応って『何のためにするのか?』
を頭に汗を書き全員で考えます

そしてできあがったのが
これ
   ⤵
<完成>
【お客様行動の加速化を実現します】
ワクワクする未来へのアクションを
お客様が起こせるように、
時機を逃さずテンポ良く対応します。

これを1項目30分以上は
かかって考えだしました。

その中で、

『何のためにするのか?』が
大切です。

例えば、説明なしに
マニュアルがあり、
『スピード対応』
お客様の質問にすばやく対応する。
お客様へ月次決算書をすばやくお渡しする。

とあったとします。

これって『何のために、なぜ、どうして?』が
1人1人違う想いだと、対応が変わりませんか?

そんな急に言われても出来ることと
出来ないことがあるのにと思う人

すばやく対応するって、間違ってても
早かったらいいの?と思う人

『この何のために』が共有できる
言葉があるといいと思いませんか?

【お客様がワクワクする未来への
アクションを起こせるため】

⇒よし、
「お客様の未来のために、出来る限り
すばやく対応をしよう」
と全員が意識する

じゃあ、
『何を今お答えすればいいのか?』
わからなかったら、
『誰かに相談しよう』とか
『お客様へ期限を確認しよう!』

『自分の仕事が忙しいから後で』
って思わないように
時機を逃さず、すばやく対応しようとか。

これが、
1人1人が行動するときに、
意図をしっかり理解し、
バリューと向き合う。

このバリューを通し、
実践で更に、ブラッシュアップ
させて、全員で共有していく。

『この想いで行動したけどよかったか、
更に良い方法はないだろうか?』

それを積み重ねていくことで
この行動指針バリューが、
久米会計のミッションに繋がる。

そんな共通言語を策定し、
浸透させていく。

やっとこんな感じで10個
出来上がりました。

これからが、
『大切な浸透です』
今後も、全員で楽しく
浸透させていきたいと
思います。(^^)

以上です。

2019年4月から理念の策定・浸透コンサルを
させていただいてます。
月1回、1年間の短期間のサービスメニューです。

今年は、残り1社が受注可能となります。
ご興味がある方は、お気軽にお問合せください