ある社長と話して思ったこと

 3月も下旬になって、春の訪れを感じる今日この頃です。

 私事ではありますが、2月の前半に2度、
異業種交流会に行く機会がありました。

その時にお話しした社長との会話が

印象的だったので、紹介します。

 その社長とは、名刺交換をして少しお話しさせていただきました。

(私) 「うちの事務所は、【節税】より【内部留保】を増やしましょう
     とお客様にお伝えしています。」

(社長)「法人税を払ったらお金は減りますよね?」

(私) 「確かにお金は減ります。でも、税引き後の利益は確実に現預金として
     残りますよ。」

(社長)「でも、節税したほうが、法人税を少なくできますよね。
     そのほうが、お金は残るんじゃないですか?」

(私) 「節税の仕方によるんですが、節税をするとお金は減りますよ」

こういった会話をしました。


 久米会計が推し進めているのは、「内部留保」を厚くして

健康的な会社になってもらい

さらに成長に向けて行動してもらうことです。

 関わっている社長には、必要な税金を払ってもらって、
確実にお金を会社に残してもらう方向性で
私たちはお伝えしています。

そうすることで、金融機関の評価はもちろん、
有事の際に、対策も打ちやすくなります。

市場環境が良い時はよいですが、最悪の事態にも備えて
長い目でみてどうするかを考えることが非常に重要になってきます。


 久米会計では、目標と実績を比較しながら
毎月、または2ヶ月に1度打ち合わせをしています。

目標に到達するために「打つべき手は何か」を数字を根拠に
社長と考えていきます。

事業のプロである社長の意思決定に
少しでも役立てれれば良いと思っています。

 でも、まずはうちのやっていることを少しでも
広げれるように今年は色々な方との出会いを大事に
行動できればと思いました。