社長と同じ方向を見れているか

お客様とお話しする中で、
コロナの影響で融資や助成金の話になることが
多くなりました。

先日もお客様とお話しする中で
ハッとさせられることがありました。


税理士事務所としては、最悪の事態を
想定して、「資金は辛め」に見ます。
※辛めとは、業界用語か分かりませんが
 厳しめに見るということです。

ただ、あまりにも辛めに見るとかなりの
利益を将来稼がないといけないため、
ワクワクする未来が見通せない事態にも
なったりします。

でも、社長はこのような事態になったとしても
前向きに「ここをこうしよう」とか「あれをあーしよう」
などと考えらています。


そのような前向きな考えをリスクを踏まえた上で
後押しするのが、私たちにできることだと思います。

安易に後押しはできないですが、せめて社長と
同じ方向を見ることが改めて重要だと思いました。

コロナの影響は甚大で様々な壁が立ちはだかっていますが
少しでも同じ方向を見て前向きに業務をしていき、少しでも
社長のお役に立てたらと思います。