理念実現パートナー
税理士・井上由希子です。

「勉強会では、必ず本日の目的を聞く」

今回は、医療系の院長に
ご参加いただき、会社のお金の流れを
説明する勉強会を実施しました。

この勉強会では、本編に入る前に
必ず、本日の目的を書いていただき、
更に発表してもらってます。

なぜなら、
自身の目的をはっきりさせると
“アンテナが張り、情報が入りやすく
なります“。

更に「この話よかったな~」で
終わらない、

効果は
何か使えないか・明日から
やってみようと
『実践的思考になります』

私も他のセミナーに参加するときは
これを習慣にしています。

今回は、
この院長がおっしゃった目的で
私自身、アンテナが張り
行動できたとことをお伝えします

院長の目的は
「医療技術を学校や専門学校では
教えてくれるが、いざ、開業すると
経営のことや数字のことは
誰も教えてくれない」

開業をするために、技術を磨いてる人が多いのに
そこで経営の勉強があってもいいんじゃないか

とおっしゃっていました

ほんと、そうですよね

わかっていたようで、
「ハッ」とさせられました

その目的をお伺いし、
私のアンテナが立ちました‼

この数字を見て、どう考えるか
どういう判断ができるか

あるいは、どんな発想の展開ができるか

をいつもより、詳しめに説明しました

この最初に本日の目的を聞くことは
受講する側、講師側両方に
相乗効果があります。

少人数制セミナーの利点として
「実践につかってもらいたい」
という想いがあり

講師も対面でお話する中で、
空気感を感じ、話方を少し
変更したりします。

この目的の共有をすることは
どんな場面にも有効です

自社の会議や社員研修でも
この、「本日の目的は?」
を共有する時間をとることで
明日に繋がる実践的な会議ができます。

ぜひ、お試しください(^^)

以上です。