ブログblog

「利益の役立ち」

2024年3月4日09:00 [お知らせ]

旧年中はいろいろとお世話になり
まことにありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、本日のテーマは、「利益の役立ち」です。
私どもが打合せなどで社長からよく聞くワードは

今年は目標どおりの利益が出たとか
計画未達だったとか
売上高経常利益率が3%
来期は5%を目指すとか
儲かったとか
赤字だったとか

などです。

これらは実は経営の良し悪しを測定しています。
これが利益の役立ちの一つなのです。

経営の神様と言われているP.F.ドラッカーは
この利益には3つの役立ちがあるとしています。

①利益は経営の良し悪しの判定としての役立ちをもつ。

利益は経営努力の有効性と健全性との測定の役目を果たします。

②利益は事業継続費(事業存続費)としての役立ちをもつ。

事業の存続に必要な諸経費(設備更新費・危険や不測の事態
のための準備金等)をカバーする役目です。

この視点でみれば
会計上の利益なるものは存在しないと明言しています。

③利益は必要資本調達としての役立ちをもつ。

事業の革新・拡大に必要な資本の調達を確実にする役目です。

利益の毎期の積み重ねが内部留保です。
この内部留保を増やすことで借入(外部調達)しなくても
自己資金で事業の投資活動ができると同時に

融資や新たな出資を生み出しやすい環境をつくれる
と言っています。

倒産しない企業創りで第一の指標が
自己資本比率であることもうなづけます。

特に②「利益は事業存続費である」との役立ちは大事です。
利益は企業を継続していくための条件だからです。

企業は事業存続のために
内には設備や商品の老朽化や陳腐化
外にはお客様の倒産や材料・経費の高騰など

自社のみだけでなく、他社の動向や社会環境変化からの危険を
抱えています。

その危険を乗り越えて存続していくためには
危険が現実に起きたときの備えとして
「貯金」や「保険」となる利益を積み立てておく必要があります。

そういう意味では、利益は「儲け」ではなく
「将来経費たる」事業の継続費・危険回避経費である
と考えなければなりません。

いつ起こるか予測不能なコトに対する備えです。
起こってからでは間に合いません。

コロナ禍からの教訓を活かし
本格的にコロナ融資の借入返済が始まる
今から活かしたいものです。

いつ危険が生じるかわからない将来に対し
最低限どのくらい利益が必要かをとらえ
それ以上の利益を上げる事業に建て直しを行わない
と存続できないということなのです。

「売上でなく利益」に重点・視点を置き替え
先行き5年、10年、生き抜くために
長期的に蓄えるべき必要な利益はいくらか
からスタートしましょう。

本年も、お客様ならびにお取引先様、関わる皆様方の
今と未来に笑顔をつなげられるよう努めてまいります。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。 

中小企業の経営ガイド
久米 章仁

CONTACT

お問い合わせ

税理士の顧問契約や短期コンサル、セミナーのお申込みなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページトップ